療育日誌

ほうきで掃く

2017/11/03

子どもたちから「お当番をやりたい」という声があがり、交代で行うことにしました。お当番のお仕事は三つあります。一つ目はおやつの前に台拭きで机を拭くこと、二つ目はおやつを食べるときに友だちの前に立ち「いただきます」「ごちそうさま」の挨拶をすること、三つ目はお掃除のときにゴミを『ほうきで掃く』お仕事です。雑巾絞りも上達してきましたので、今週から『ほうきで掃く』お仕事を増やしました。ほうきで玄関を掃くのですが、何もないところを掃いても手ごたえがないので、昔ながらの手法で濡らした新聞紙を撒いて、掃くようにしてみました。ごみを集めている感触が手に伝わって達成感が得られます。子どもたちは回数を重ねるごとにお掃除が上手になっていきます。どの子も事前に掃き方を体験しますから、お当番になってほうきを使えることを楽しみにしています。(ぱっそ 並行通園部)

プールのある日は当日の朝、先生方が消毒清掃を行っています。子どもたちが安心、安全に水遊びを楽しめるように気を付けています。子どもたちは汗をプールで流し、先生たちはプール掃除で汗を流しています。猛暑に負けず、頑張っています。(ぱっそ中田本町教室)