発達障害とは

発達障害とはどのような障害?

発達障害とは、脳機能の障害によって発達に遅れやかたよりが生じる障害のことです。広汎性発達障害(自閉症・アスペルガー症候群など)、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害などに分類され、どれか一つだけではなく、複数の障害の特徴が同時に現れることも珍しくありません。そのため、一口に発達障害といっても、一人一人によって症状は大きく異なります。そのため、障害名にこだわりすぎず、「こういう傾向が強い子なんだ」と理解する程度にとどめておきましょう。

発達障害の主な症状

広汎性発達障害

自閉症

  • 言葉の発達の遅れ
  • コミュニケーションの障害
  • 対人関係・社会性の障害
  • パターン化した行動
  • 特定のものに対する強いこだわり

アスペルガー症候群

  • コミュニケーションの障害
  • 対人関係・社会性の障害
  • パターン化した行動
  • 興味・関心のかたより

注意欠如・多動性障害(ADHD)

  • 一つのことに集中できない(不注意)
  • じっとしていられない・落ち着きがない(多動・多弁)
  • 考えるよりも先に動いてしまう(衝動的な行動)

学習障害

  • 字を読むことが困難
  • 字を書くことが困難
  • 計算・推論が困難

発達障害の原因は?

発達障害の原因は完全に解明されていませんが、先天的な脳機能障害が原因だと考えられています。発達障害のお子さんを持つ親御さんの中にはご自分を責めてしまう方も少なくありませんが、親の育て方や愛情不足などが原因で起こるものではありません。

発達障害は治せるのか?

発達障害は生まれつきの特性であるため、完全に治すことは難しいと考えられています。しかし、成長とともに自分でできことが増え、自立した生活が送れるようになっている方も少なくありません。早期にきちんとした療育を行うことで、日常生活に必要なスキルや集団行動に必要な力を養うことができます。

発達障害かもしれないと思ったら

お子さんが発達障害かもしれないと思われている方は、まずはお気軽にご相談ください。お子さんの様子をお伺いし、必要に応じて関係機関やサービスの情報を提供いたします。詳細につきましては、無料育児相談のページをご覧ください。