療育日誌

鬼のパンツ

2019/11/30

鬼のパンツを見事に踊り、披露してくれる男の子でした。最初は先生達も何を披露しているか分からなかったのですが、次第に彼の仕草から「鬼のパンツ」だとわかりました。ことばも覚え成長が著しい彼は、踊りでもアピールする力を身につけました。先生達の笑顔を誘っていました。(ぱっそ中田本町教室)

すごろく遊びに続き、お正月の伝承遊びを子どもたちと楽しんでいます。その一つは坊主めくり。百人一首の絵札を使った遊びで、年齢に関係なく、分かりやすくて楽しめるようです。先生との勝負に勝ち、「やった!僕の勝ち!」と大喜びする子どもたち。百人一首はよくわからなくても、平仮名を拾い読みしたり…と字に興味を持つ子もいました。