療育日誌

とかげの動き

2017/06/21

おなかをつけて、体をひねり、そして足をまげ、グッと伸ばして前に進みます。まさにとかげが歩くかのような動きを先生としました。写真は、その際に先生から足の動きを補助してもらっている場面です。普段動かさない筋肉を動かし、普段やらない動きをして体の動きを身をもって体感します。

いわゆる手先が不器用といわれるこども達の中には、こうした腕や脚、胴体の動かし方があまり上手でないこども達がいます。体の中心から末端へ成長をしていきます。末端の手先を上手に動かし操作するためには、胴体や腕、脚を思うように動かすことが必要になります。

自らからだの動きを知り、体全体を連携して動かすこと、とっても大事です。(ぱっそ 並行通園部)

すごろく遊びに続き、お正月の伝承遊びを子どもたちと楽しんでいます。その一つは坊主めくり。百人一首の絵札を使った遊びで、年齢に関係なく、分かりやすくて楽しめるようです。先生との勝負に勝ち、「やった!僕の勝ち!」と大喜びする子どもたち。百人一首はよくわからなくても、平仮名を拾い読みしたり…と字に興味を持つ子もいました。