療育日誌

友達と遊ぶこと

2017/05/26

ひとりで遊ぶことも楽しいですが、友達と遊ぶことも楽しいものです。でも、その楽しさは、相手の予想を反する動きや、思い通りの動きをしてくれた、また、勝敗があるといった要素があるからです。ぱっそに来ているこども達はそうした要素の勉強をしています。つまり、友達と遊ぶことの練習をしている段階ですので、確実におもちゃの取り合いや我先に遊ぼうとする姿が見られます。「自分が遊びたいけど、友達が遊んでいるからどうしよう」「友達が遊びたそうにしているけど、私が遊びたい」なんて思いを感じながら、自分の思いと、友達の存在のはざまで学習していきます。

写真の2人の思いはどういったものでしょうか?そこを踏まえながら先生たちは日々、こども達と関わっていきます。(療育広場 ぱっそ)

プールのある日は当日の朝、先生方が消毒清掃を行っています。子どもたちが安心、安全に水遊びを楽しめるように気を付けています。子どもたちは汗をプールで流し、先生たちはプール掃除で汗を流しています。猛暑に負けず、頑張っています。(ぱっそ中田本町教室)