療育日誌 - 月別アーカイブ 2020年9月

お誕生会

お誕生日を迎えた子供たちのために、帰りの会の時にいつもと違うお楽しみがあります。今回は「お菓子の星のくいしん坊」というエプロンシアターを行いました。先生のポケットの中から、次々と美味しそうなお菓子が出てきて、子供たちの目は釘付けになっていました。(ぱっそ中田本町教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加

セッティング

隣のブースでお友だちがどんな課題を行っているのかが気になり、席を離れることがあります。見に行く回数が増えるようであれば、同じブースに机を並べて、同じ課題に取り組むようにしています。そのように設定することで、お友だちの様子が見えますので、離席することが少なくなります。お友だちが気になることは、自然なことですので、気持ちよく課題に取り組むために、それぞれのお子さんに合った環境をセッティングしています。(ぱっそ中田教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加

サーキット(とびいし)

サーキット活動の様子です。これは遊具の中のひとつで「とびいし」です。踏んでいく面に凸凹が付いているだけではなく、傾斜も付いています。足裏で様々な感覚を感じながら、斜めになっている面を踏んで進んでいくのです。指先・足首が上手に使えていないとバランスを崩してしまいます。活動の中で楽しみながら身体を動かし、自然な動きを獲得していきます。(ぱっそ中田本町教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加

そっと運ぶ

レストランのコックさんになってお客さんに料理を届けました。料理をこぼさないようにするためには、手元をよく見ること、おぼんが斜めにならないようにまっすぐに持つこと、振動でこぼれないようにゆっくり歩くことの3つを意識することが大切です。子ども達は先生の「どうやったらこぼさないで運べるかな?」という問いかけを聞いて、楽しみながら体の動きを意識してコントロールし、そっと運ぶことができました。(ぱっそ鷹匠教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひも通し

見本の写真を見ながら、木でできたビーズをひもに通しています。見本と同じように作るためには、ひもの一番奥にあるビーズから順番に入れるということに気付くことが大切です。このお子さんは、同じように作れていることがすぐにわかるように、ひもを見本と同じ向きに揃えて作り始めました。どうすれば間違えないように作れるか考えることも大事なポイントです。(ぱっそ中田教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロック遊び

ブロックを高く積んで楽しんでいます。キューブブロックをバランスよく積み上げるだけなく、人形やお花のブロック等も使って素敵なお家を作っています。子どもたちは、ブロック遊びを通して、イメージを膨らませながら遊ぶことができる天才です。(ぱっそ中田本町教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加

保護者の方へ

生活の中で身に付けてほしいスキルを、子どもと一緒に考える時間を設けています。こんな時はどうする?という問いかけに子ども達は自分なりに考えたり、知っていることを言います。最後にお約束をします。子ども達から出た言葉を保護者の方に伝え、家庭で話題にし実践できるよう、お迎え時に見やすい所に掲示して情報発信しています。(ぱっそ鷹匠教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加

布団をかける

病院ごっこで、布団に人形を寝かせて、布団をかけてくれましたが、なかなか位置が決まりません。見ると、人形の口に布団がかからないように、気を付けていました。いつもお母さんにしてもらっているように、人形にも同じことをしてくれているようでした。遊びのなかで、優しい気持ちや思いやる気持ちを、育んでいきたいですね。(ぱっそ中田教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加

お月見団子

暦の上ではもう秋です。中田本町教室の玄関にはおいしそうな「お月見団子」が並んでいます。子ども達が、柔らかいお花紙を同じくらいの大きさに6個、上手に力加減をしながら丸めました。お月さまとウサギさんも好きな場所に貼りました。子ども達の頭の中にはどんなお月見の様子が浮かんでいたのでしょうね。(ぱっそ中田本町教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加

無理せず

片栗粉を使った感触遊びをしました。活動が始まる前から子どもたちは「早く触りたい」と興味津々でしたが、中には感触があまり好きではない子どももいます。まずは先生が触って見せたり、スプーンですくってみたりと無理せず素材を楽しめるように工夫しています。(ぱっそ鷹匠教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 2 次へ