療育日誌

でんでんちゃんの赤ちゃん

2017/10/11

先月、ぱっそで飼っているでんでんむしの「でんでんちゃん」が卵を産んだことをお伝えしました。その卵が、ついにかえったのです!写真中央の、茶色くて丸い物が赤ちゃんでんでんむしです。6月に親のでんでんちゃんがやってきて、毎日お世話をして愛着がわきつつも「いつまで生きていられるのかな」と先生達はちょっと心配していました。そのでんでんちゃんが、卵を産み赤ちゃんまで誕生し、驚くやら感心するやらです。ちなみに親のでんでんちゃんも健在です。まだ、この赤ちゃんはあまりにも小さくて子ども達にはお披露目していません。しかし、成長を見守りつつ、いつか「2代目でんでんちゃん」として療育デビューし、子ども達を楽しませてくれることを期待しています。(療育広場 ぱっそ)

プールのある日は当日の朝、先生方が消毒清掃を行っています。子どもたちが安心、安全に水遊びを楽しめるように気を付けています。子どもたちは汗をプールで流し、先生たちはプール掃除で汗を流しています。猛暑に負けず、頑張っています。(ぱっそ中田本町教室)