療育日誌

マッチング2

2017/08/08

先日、カラーボールをもって平均台を渡り、箱に入れる遊びをしましたが、今日は箱が先生に代わっています。実は前回の遊びで「カラーボールを持っていたい」というこども達がいましたので、今回は手放す練習をしました。そのために笑顔で頂戴をして待っている先生が箱の代わりになっています。こども達の思いや成長に合わせて療育内容を変えていき、こども達が無理なくスモースステップで伸びていけることを目指しています。先生達の思いやカリキュラムに沿うだけでなく、こどもたちを軸に、こちらが療育内容を変えていくことが大事です。(療育広場 ぱっそ)

すごろく遊びに続き、お正月の伝承遊びを子どもたちと楽しんでいます。その一つは坊主めくり。百人一首の絵札を使った遊びで、年齢に関係なく、分かりやすくて楽しめるようです。先生との勝負に勝ち、「やった!僕の勝ち!」と大喜びする子どもたち。百人一首はよくわからなくても、平仮名を拾い読みしたり…と字に興味を持つ子もいました。