療育日誌

まちがいさがし

2017/07/28

左右の絵を見比べて違いを探す「まちがいさがし」をしました。左右の絵を見比べるので、絵柄を記憶し、記憶した絵柄と違う箇所を探し出します。集中して物事にとりくむ経験を積んでいきます。もちろん、まちがいを残すことなく探しだせれば素晴らしいことですが、まちがいさがしをしている最中のこども達のきづきや疑問に先生がしっかりと応え、褒め、気持ちよく活動に取り組んでいく姿勢を育てていくことがとても大事です。どうしても探し出せない時であっても、その探し出そうとする姿勢を認め褒めていくことで、こども達は成長していきます。(ぱっそ 並行通園部)

すごろく遊びに続き、お正月の伝承遊びを子どもたちと楽しんでいます。その一つは坊主めくり。百人一首の絵札を使った遊びで、年齢に関係なく、分かりやすくて楽しめるようです。先生との勝負に勝ち、「やった!僕の勝ち!」と大喜びする子どもたち。百人一首はよくわからなくても、平仮名を拾い読みしたり…と字に興味を持つ子もいました。