療育日誌

体幹を鍛える1

2017/07/12

先生の動きを真似して体を動かすことは集団生活ではよくあることです。ゆっくりと、またオーバーアクションで先生が見本を見せることで、できるこどももいることでしょう。それも立派な支援です。こどもがわかるようにやって見せて、できてきたら、見本の内容を簡素化するなどして支援を抜いていく必要があります。ただ、動きを真似ようとしても、あまり上手にできないこどもがいます。それは頭では体に「こう動いて」と体に指令を出しても、思うほど体が動かせないのです。体を自分が思うように動かすためには、体全体を柔軟に連携させて、バランスを取るといった複雑な動きを頭でコントロールする必要があります。今日はその中核である体幹(胴体)を意識した動きをこども達と行いました。ペンギンのように膝立ちして前後左右に動きます。体幹(胴体)がまっすぐ立っていないと、上手に動けません。

自分の体であるからこそ、自分で上手にコントロールする力を身につけることが、とても大切です。体のバランスや連携のお話は一回では語りつくせません。またお話します。(ぱっそ 並行通園部)

すごろく遊びに続き、お正月の伝承遊びを子どもたちと楽しんでいます。その一つは坊主めくり。百人一首の絵札を使った遊びで、年齢に関係なく、分かりやすくて楽しめるようです。先生との勝負に勝ち、「やった!僕の勝ち!」と大喜びする子どもたち。百人一首はよくわからなくても、平仮名を拾い読みしたり…と字に興味を持つ子もいました。