療育日誌

施設間交流

2017/06/23

今日は「療育広場 ぱっそ」のスタッフが、「ぱっそ 並行通園部」を見学に来ました。3回に分けて全スタッフが見学にくる2日目です。午前中の児童発達支援センターのいこいの家を見学した後に、こちらに来ました。「療育広場 ぱっそ」から「ぱっそ 並行通園部」に移行していくこども達がおりますので、双方のぱっその療育を双方のスタッフが把握しておく必要があります。写真は、玩具の収納や、どのようにこども達が玩具を選び、どのように遊んでもらうかの相談を双方のスタッフがしております。2つのぱっそがあることで、こどもの成長に合わせた教室で療育を受けることができます。

今後も双方のぱっそのスタッフの交流を図り一体化した療育を行っていきます。(ぱっそ 並行通園部)

すごろく遊びに続き、お正月の伝承遊びを子どもたちと楽しんでいます。その一つは坊主めくり。百人一首の絵札を使った遊びで、年齢に関係なく、分かりやすくて楽しめるようです。先生との勝負に勝ち、「やった!僕の勝ち!」と大喜びする子どもたち。百人一首はよくわからなくても、平仮名を拾い読みしたり…と字に興味を持つ子もいました。