療育日誌

ゆびさし

2017/05/27

小麦粉粘土で遊ぶための導入として、大型絵本『からすのパンやさん』を朝の会で読みました。こども達は、先生たちの予想どおり、パンがたくさん載っているページでは目を輝かせて食い入るように見ていました。パンの形を見て、「ぼくはクルマのパンをつくる!」と小麦粉粘土遊びに意気込んでいた子もいました。 併せて注目したいことは、写真にあるようにしっかり指さしをして、気づいた「ぱんだパン」を教えてくれていることです。

こども達の一瞬の仕草・表現を見逃さず、先生がこども達に笑顔と、声かけで応えていくことで、相手に伝えたい気持ちを育んでコミュニケーションの基礎をつくっていきます。(療育広場 ぱっそ)

プールのある日は当日の朝、先生方が消毒清掃を行っています。子どもたちが安心、安全に水遊びを楽しめるように気を付けています。子どもたちは汗をプールで流し、先生たちはプール掃除で汗を流しています。猛暑に負けず、頑張っています。(ぱっそ中田本町教室)