療育日誌

お掃除

2017/05/19

ぱっそ 並行通園部では、1日の最後に「お掃除」をします。今日は先生と一緒に台拭きをバケツの水につけてしぼり、思い思いにテーブルを拭きました。しぼることに力が入る子、先生に手を添えられてしぼる子、隅から隅までテーブルを拭く子、一部だけテーブルを拭いて終える子、ひとりひとりの子の個性が発揮されます。ぱっそでは、お掃除、片付け、服をたたむ等、親を頼らずにこどもが1人でできることを増やすこと(=ライフスキルトレーニングといったもの)と、友達等とのコミュニケーション能力(=ソーシャルスキルトレーニングといったもの)スキルアップを合わせて支援の大きな2つの柱としています。

本日の「お掃除」は、こどもが行う工程をこれから細かく設定し、スモールステップで学習していきます。(ぱっそ 並行通園部)

すごろく遊びに続き、お正月の伝承遊びを子どもたちと楽しんでいます。その一つは坊主めくり。百人一首の絵札を使った遊びで、年齢に関係なく、分かりやすくて楽しめるようです。先生との勝負に勝ち、「やった!僕の勝ち!」と大喜びする子どもたち。百人一首はよくわからなくても、平仮名を拾い読みしたり…と字に興味を持つ子もいました。