療育日誌

でんでんむし2

2017/07/11

今日、でんでんむしのでんでんちゃんが療育に登場しました。こども達もぱっそのエントランスで見慣れたでんでんむしですが、こうして朝の会に登場してくると注目です。本物のでんでんむしを間近で見て、その後にでんでんむしの絵柄に塗り絵をしました。就学前のお兄さんお姉さんに比べれば、描く内容も、ぐるぐる丸だったり、線のみであったりしますが、本物を見て、それと同じ絵柄の紙に描いていくという関連性が非常に大事です。絵や写真といった平面のものと、立体である実物が一緒のものであるということの理解は、しっかりと概念形成がされてわかるものです。

こども達の中にはそれらを学習している最中のこども達がいます。実物をみたり、触ったりという経験をたくさんさせていきたいですね。(療育広場 ぱっそ)

プールのある日は当日の朝、先生方が消毒清掃を行っています。子どもたちが安心、安全に水遊びを楽しめるように気を付けています。子どもたちは汗をプールで流し、先生たちはプール掃除で汗を流しています。猛暑に負けず、頑張っています。(ぱっそ中田本町教室)