療育日誌

着席

2017/05/22

ぱっそでは、着席することをとても大切にしています。「療育日誌 5/18 足をのせる台」でも座る姿勢のお話をしましたが、出歩いたり、止まらないのでは、人の話を聞くことや、製作や食事など基本的な活動にしっかりと取り組むことが難しくなります。こどもに座るよう無理に抑えるのでは、こどもにとって嫌な活動になります。逆に座れるようになることを待つだけでは、なかなか学習できません(先生が正しく伝えないことになります)。こどもがどうしたいのかな、どうして出歩きたいのかなと、こどもの思いに沿いながらも、今何をする時なのかを伝えていくことで必ずこどもは座ることができるようになります。

今年度2か月が過ぎようとしてしていますが、みんな良い姿勢で着席できています。(療育広場 ぱっそ)

すごろく遊びに続き、お正月の伝承遊びを子どもたちと楽しんでいます。その一つは坊主めくり。百人一首の絵札を使った遊びで、年齢に関係なく、分かりやすくて楽しめるようです。先生との勝負に勝ち、「やった!僕の勝ち!」と大喜びする子どもたち。百人一首はよくわからなくても、平仮名を拾い読みしたり…と字に興味を持つ子もいました。