教室のひとこま - 月別アーカイブ 2020年11月

絵本

おやつが終わると絵本タイムとなり、各々が好きな絵本を開きます。友だちが読んでいる絵本が気になった写真の彼は、後ろから覗き込み、一緒に物語を楽しんでいました。可愛らしい光景をスタッフは離れた場所から見守り、2人の絵本の世界の旅はまだまだ続いていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

バッティングコーチ

新聞紙ボールを新聞紙のバットで打つ、バッティングに挑戦です。バッティングが得意な子が、バットの振り方や振るタイミングなどを具体的な動きを交えて教えてくれるので、初挑戦の友だちも徐々にコツを掴んでボールを打てるようになりました。スタッフだけが教えるのではなく、子どもたちも自主的に教え、教わりながら、得意な遊びや好きな遊びの幅を増やしていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

地震避難訓練

地震の発生を想定して、避難訓練を行いました。緊急地震速報が鳴ったらすぐに机の下に潜る、頭を守るために防災頭巾を被る、スタッフの声かけが聞こえるように静かに移動する、など、さまざまな約束がありましたが、小学校での避難訓練を経験している子どもたちは落ち着いて行動する事ができました。日々の訓練の積み重ねを大切にしていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

時間を意識する

時計やタイマーを使って、時間を意識した行動を取る練習中です。遊びの合間の休憩時間や、遊びの中で自分の順番が回ってくるまでの時間など、トライアングルの生活の中で『待つ』場面があります。その時は、子どもたちが時計やタイマーに視線を向けられるように促しながら、「あと◯分で休憩時間が終わりだよ」「タイマーの数字がゼロになったら遊ぼう」などの声かけを行い、目からも、耳からも『待ち時間があとどのくらいなのか』が分かるように働きかけていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

しりとり

みんなで対面して、真剣に話し合い…ではなく、しりとりをしています。体を思い切り動かす運動遊びをした後は、椅子に座ってしりとりや絵本の読み聞かせなど、遊びながらも体を休める時間を作ることによって、自然と高まった気持ちが落ち着いていきます。思い切り動く時間と体を休める時間のメリハリをつけながら、楽しく安全にトライアングルでの時間を過ごせるように支援しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加