コンセプト

放課後等デイサービス『トライアングル』名前の由来

『トライアングル』は、家庭・学校・放デイの三者から描かれる三角形をイメージしたネーミングで中心には子どもがいます。三者が連携してお子さんを支援していくことが重要だと考えています。

基本理念

発達の気になる子どもたちとそのご家族、スタッフを含めた地域社会の人たちが幸せに生きていける社会を創る

行動規範

『放課後等デイサービス トライアングル』 行動規範
トライアングルは、子どもの個々の発達に合わせたよりよい療育を実現するために、全職員が職務を遂行する上で求められる行動規範をここに定める。

  1. 職員は、子どもの尊厳を守り、子どもの権利擁護に努めなければならない。
  2. 職員は、子どもの発達や成長を的確に判断し、専門的な支援を行うよう努めなければならない。
  3. 職員は、子どもの療育に必要な環境を整え、常に子どもが健康かつ安全に生活できるよう配慮しなければならない。
  4. 職員は、子どものプライバシーを尊重し、職務上知り得た個人情報の取り扱いについては細心の注意を払い、適正に管理しなければならない。
  5. 職員は、保護者及びその家族との相互理解を深め、子どもの発達や育児に関して、共に考え行動するよう努めなければならない。
  6. 職員は、専門職としての使命を自覚し、研修や自己研鑚に励み資質向上に努めるとともに、広い視野に立ち正しい判断ができるように、弛まず努力しなければならない。
  7. 職員は、互いの人格、人権を尊重し、業務を見直したり率直に意見交換したりするなど、職務を誠実に遂行していかなければならない。
  8. 職員は、率先して地域社会や関係機関と良好な関係を築き、地域の中で子どもを支援するよう努めなければならない。

支援方針

家庭・学校の次に子どもたちが過ごす場所としてトライアングルがあります。ここで過ごす時間が、まずは安全で安心したものとなることが第一です。

そのうえで、友達やスタッフと関わり合い、モノや活動を通した遊びに没頭し、これらとの豊かな関係を結んでいきます。

さらには個別に持っている生活上・学習上の課題に対して、スタッフのきめ細やかなサポートを受けながら、個々のペースでチャレンジしていきます。

子どもたちの家庭と学校での生活に、私たちも生活の一部を共にしている者としてコミットします。保護者や学校の先生と情報を共有し、一緒に考え、子どもの育ちを支えていくことを追求します。