発達障害の合理的配慮とは? 事例集を参考にして対応を知っておこう

教育を受ける権利は、発達障害・定型発達にかかわらず、誰もが平等に有しているものです。発達障害の児童がこの権利を享有・行使するためには、学校などに対して発達障害への理解や合理的配慮を求めることが大切です。

この記事では、合理的配慮とはどのようなものなのか、学校などではどのような配慮をしているのかなどについて見ていきましょう。

  1. 合理的配慮とは?
  2. 合理的配慮の事例集
  3. 学校などに合理的配慮を求めるためにできること
  4. 発達障害や合理的配慮でよくある質問

この記事を読むことで、発達障害のある子どもに対する合理的配慮についてよく分かります。合理的配慮の具体例などを参考に、学校や社会でスムーズな生活を送ることができるように環境を整えてもらいましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
一人一人の特性や発達段階に合った療育の場を提供します

就学前のお子様はこちら「児童発達支援ぱっそ

小・中・高校生のお子様はこちら「放課後等デイサービス トライアングル