発達障害者支援法とは? 改正後の変更点から現状の問題点まで紹介!

発達障害者支援法

2016年に発達障害者支援法が改正されました。この法律は発達障害者を総合的に支援することを目的として定められたものです。発達障害者支援法が制定されたことで、発達障害という言葉が一般的に認知されたことは間違いありません。今回10年ぶりに改正されたことで、どのように変わったのか気になる人も多いのではないでしょうか。この記事では、発達障害者支援法の内容や、改正によって変わったこと、現在の問題点などを詳しく見ていきたいと思います。

  1. 発達障害者支援法の改正
  2. 発達障害者支援法の内容について
  3. 改正によって変わったこと
  4. 発達障害支援法の利点は?
  5. 発達障害支援法の現状と問題点

この記事を読むことで、発達障害者支援法について詳しく分かるはずです。身内に発達障害を持つお子さんがいらっしゃる方、発達障害の子どもと関わる職業に就いている方は、ぜひ参考にしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

発達障害の種類について知りたい! それぞれの特徴と知っておくべき診断方法

発達障害の種類

発達障害にはさまざまな種類があります。種類によって特性は異なりますが、個人差もあるため判断は非常に難しいところです。「自分の子どもはどの発達障害なのか?」と悩んでいる親御さんも多いでしょう。発達障害は、周囲が対応を工夫することで、生活する上で感じる「生きづらさ」を減らすことができます。発達障害の種類やそれぞれの特徴を知り、どのように対応していくべきか考えていきましょう。この記事では、発達障害の種類や分類、それぞれの特徴、診断方法などをまとめました。

  1. 発達障害とは?
  2. 発達障害の種類や分類
  3. 発達障害の特徴について
  4. 発達障害のチェック・診断方法
  5. 発達障害に関するよくある質問

このエントリーをはてなブックマークに追加