『子どもの発達特性について知ろう』講座開催のお知らせ

お子さんのいいところはどんなところですか︖どんなことが得意で、どんなことに興味がありますか︖ 子どもが「自分らしく」あるために、大人はどんなサポートができるでしょうか。理解と支援があって、特性は個性になります。

ASD(自閉スペクトラム症)は社会性とコミュニケーションの困難を特徴としています。この苦手さは、一見すると見えにくく、子どもの困り感をさぐっていくのにはコツが必要です。また感覚過敏は日々の過ごしやすさに直結するため、大切な視点になります。

春休み企画として、『ASDの特性について知ろう』をテーマに、2回に分けて実施します。初回は対面でのワークショップ形式で、ASDの特性全般について、2回目はオンライン開催で、ASD当事者の「くまさん」が『感覚過敏』について、みなさんの質問に答えながら語ります。
初回開催については少人数で換気をしながら、短めの時間で実施します。オンラインは敷居が高いなと思われる方には、初回時に操作説明の時間がありますので、お気軽にお申込みください。

【初回】 3月10日(水)、12 日(金)、17日(水)、18日(木)
時間:10:15-11:30
場所:トライアングル

【2回目】
3月23日(火)10:00-11:00
3月25日(木)20:00-21:00
※2回目にリアルタイムで参加できない場合は、後日、録画の視聴ができます。

【参加費】3000円(初回に一括でいただきます)

申し込み:URL、QRコードから初回の参加希望の日にちをお申し込みください。
2回目の参加希望の日にちは初回に伺います。

http://urx.space/VFfk
※URL短縮サービスを使っているため、警告がでることがあります。


企画:野村和代(しずおか福祉の街づくり、常葉大学)
問い合わせ:pt@shizuoka-fukushi.or.jp